L-アルギニン

プリンセス・トヨトミを観た感想

病院のついでに映画館によったんですが


よく出来た予告映像を観た客の期待を上回らない映画でしたね・・・


原作は名前を知っているだけで、読んだことはないんですが


この内容ならおそらく原作のほうが面白いんじゃないでしょうか。


役名はうろ覚えなんですが、この映画は堤真一演じる松平と


中井貴一演じる真田の山場でのやりとりくらいしか見せ場がないんですよね。


全体的にあまりにもメリハリがなさすぎて映画になっていないなぁと。


カメラを通して観る大阪の町並みの描写は良かったと思います。



後、どうでもいいんですがこの映画で一番びっくりしたのが


和久井映見の老けっぷりですね。


スタッフロール観るまで彼女だとは気がつかなかった@@;


ヒロインを食わず存在感を感じさせず大阪のおばちゃんを自然に演じたという点で


演技が上手くなったとみるべきなのか……


冒頭に出てくる菊池桃子はすぐにわかったんですがねw



プリンセス・トヨトミ (文春文庫)/万城目 学
¥750
Amazon.co.jp

スポンサーサイト

トラックバック:一覧

コメント:一覧

#20 1 ■つまんなかったのかぁ@@
CM見て少し気になってた邦画だったのよぅ;;

まあ、ダメ映画なら一年以内にTVでやるかなw

ビデオかTVで見よ(・∀・)ノ

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する