L-アルギニン

パシフィック・リムを観に行く。

物語のフォーマットは完全に日本の特撮のノリなのに
撮るスタッフと予算がすごいとここまで様変わりするのかと
すごく唖然とするというかなんというか
本気でやりすぎだろすごすぎワロタとしか言えない映画でした。
向こうの映画人は本気で日本の特撮やアニメ見つくして
研究し尽くしてますわ…
音響効果がすごいので絶対に映画館で見るべき。

日本語吹き替え版で見たのですがこのキャスティングをした人は
「完全にわかってる人」がやってますね。
(脇を池田秀一、古谷徹、三ツ矢雄二で固めている)
ヒロインはまんま見た目で分かるかと。
興収的にはおそらくこけてるんでしょうけど見る価値はあります。
日本男児なら。

この動画で司令官が演説してますが映画版ではまったく別の人があててます。
誰なのかは見てのお楽しみ^^
つーかPCの宣伝動画では良さが全く伝わらない映画なのでソンしてますね。

書き忘れましたが、この映画はめちゃくちゃ面白い映画です。
童心に帰って理屈抜きでアホの子みたいに口開けながら映画みたのは久々かと。
スポンサーサイト

トラックバック:一覧

コメント:一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する