L-アルギニン

トランプゲーム大全



トランプでできる250種のゲームプレイ法を解説した本。
650ページ以上の大作です。
沖縄に「キリバ」(九州ではきりふ)というトランプのルールがあるんですが
(この本にはキリバ自体は載ってない)
アメリカでよく遊ばれているらしい「ラミー」「トンク」のルールをよりエキサイティング・シンプルにしたものだったんですねぇ。
どおりで大阪じゃ誰も知らんわけだ^^;
おそらく、米兵の子供らで遊ばれてたのがいつしか沖縄にも広まったんでしょう。
九州にもあるのはおそらく電電公社時代の職員の子が沖縄から持ち帰ったものかと。
キリバはネットにルール書かれてるサイトあるので各自調べてください^^;
ラミー・トンクとの最大の違いは出された札各自に手札でトリックテイキングができること、
(でかい札で場に出された札をそれぞれ切るという意味)
点数計算、支払いがあるかないかでほぼ同じ。
ちなみに去年年末に姪の店でキリバのルール説明して客にやらせてみたんですがかなり好評でした^^

自分はこの本読んでやっと、オマハとバカラのルール理解しましたわ・・・
ちと惜しいのはソリティア系のゲームが乗ってないことですかね~
まぁ250も対戦ルールあれば充分かw
どうしてもやりたければWindowsソリティアやればいいしね。
スポンサーサイト

トラックバック:一覧

コメント:一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する